上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かつてアニメ化を果たし、ゲーム化、カードゲーム化まで果たし



打ち切られた伝説の漫画があった・・・



それが「シャーマンキング」である!!



シャーマンキング 完全版 1 (1) (ジャンプコミックス)/武井 宏之

¥1,200
Amazon.co.jp

はい、どうもテロップです。



今回ご紹介する漫画は「シャーマンキング」でございます。



僕はホロホロが好きで



どれぐらい好きかというと



ホロホロの難しい技名を空で言えるほどでした。(ニポポテクンペあたりから怪しいですが)



シャーマンキングの魅力はそのゆるさ。



どんなにシリアスな場面でも細かい部分のボケや



登場人物のセリフ回しなどが本当に面白い!



独特のセリフ回しは魅力的なキャラにさらに磨きをかけてます。



そして登場人物にヘンタイが多いのも魅力(笑)



マルコや、ラキストなど初登場は堅物キャラも



どんんどんヘンタイになっていくというのが





武井クォリティ!!



あと武井さんの絵の違いも注目。



初期の丸い感じから、後期には描きこまれた渋い感じ。



どちらもかなりこだわりを感じます。



武井センセは3作品WJで連載してますが



実はどれも打ち切りなんですよね。



(マンキンは完全版で完結、ユンボルはUJで連載再開ですが)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://greenpoke.blog.fc2.com/tb.php/9-09827a17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。